我ら!拉麺部!!

明治43年(1910年)に東京浅草に初めて日本人向けの中華料理店「来来軒」を開店。

その成功を受け、各地に庶民向けの中華料理店が広まり、約100年の歴史の中で、さまざまなアレンジが加えられていき、中国の麺料理とは異質な日本独特の麺料理に発展・変化している。

ってWikipediaさんが言ってました。

あぁ、紹介が遅れましたがご存知どうも柴田です。

突然ですが実は私、拉麺部という秘密組織に属しています。

え?秘密じゃないしそもそもどうでもいい?。。そんなこと言わないで。。

京都在住の通称”部長”と共に各地のラーメン屋さんを巡り、その美味に舌鼓を打つという活動を夜な夜なやっております。

〜 拉麺部活動記 〜

higashiioji

やってきたのは京都市左京区一乗寺、東大路通り。

ここいらは「ラーメン通り」と呼ばれ、京都最大のラーメン屋集積地帯なんだとか。

奥の方には天天有の看板も見えてますね。

知らないとは言わせねえぜ。

たくさんのお店がひしめく中、どこを見ても満席或いは行列ができていました。

花金の夜。飲み歩く、、ではなく拉麺を愛する猛者達が集っているわけですね。

zasshi

立ち寄ったコンビニにコンビニにラーメンの雑誌が置いてありました。

さすがラーメン通り。

今回我々がお邪魔したのは「あらじん」というお店。

カウンター席で食券なシステムで、「濃厚豚骨ラーメン」が店のイチオシだそうな。

店員さんの笑顔が素敵!

超素敵!!!

いやー、、笑顔の素敵なじょ、、おっと話が逸れた。

ほどなくして運び込まれた拉麺がこちら!

IMG_3460

見よ!この輝き!!!

気になるお味は、、、

柴「美味い!」

部「うーむ、、背脂豚骨と濃厚な味噌。濃厚でありながら甘みもある。」

部「麺は中太のちぢれ麺。とろみのあるスープとよく絡むな。」

部「どうやらk(以下省略)」

さすが部長。語りだしたら止まらない。

ちょっと珍しいこんなものも食べました。

mochimochi

もちもち餃子!!

月見団子みたいですが、餃子です。その名の通りもちもちっとした皮が絶妙。

味噌ダレに絡めて食べるのですが、これがまたよく合うんです。

お腹も心も満たされてお店を後にする二人。

部「ラーメン通りてのはある意味定番。我々はまだ見ぬ拉麺を見つけなければならない。」

。。。さすがっす。

あ、花金の夜に男二人で拉麺食べてた事には誰も突っ込まないで(泣)

あらじん

<開店時間>

11:30-14:30

18:00-22:00

<定休日>

火曜日

No Comments Yet.

Leave a comment