Wabi-Sabi

わびさび。

"ひらひら"、"ふわふわ"、"Wabi-Sabi"。。。日本独特の表現ですよね。

今日も茶が美味い。どうも柴田です。

わびさびといえば、今日はとある日本独特のイベントに行ってまいりました。

大和郡山盆梅展

風雪に耐え、ようやく咲いた梅の力強い生命力が心をふるわせ、癒しと元気を与え、そして城下町に春を呼ぶ「盆梅展」。

大和郡山市内の愛好家が丹精込めて育てた「盆梅」約120鉢を、日本でもめずらしい、「お城の櫓(やぐら)」の中という厳かな雰囲気の中で堪能していただけます。

櫓の外にもしだれ梅が咲きそろうと、室内外あわせて梅を満喫していただけます。

ということで、豊臣秀吉の実弟、秀長が、加賀百万石よりも先に百万石の領土を治めていた大和郡山市。

そこにある郡山城跡にて盆梅(=梅の盆栽)の展示を行っています。盆栽なんて、、うーん、、まさにWabi-Sabi。

ちなみにここいらでは「城ホール」て言うたら、「大阪城ホール」じゃなくて「やまと郡山城ホール」のことやからね!笑

てなわけで。。。

いざ、郡山城!

IMG_3617

どーん!と立派な追手門がお出迎え。

郡山城跡をご存知の方は追手門をくぐって、城址会館の方へ向かうイメージをしてください。

ご存知でない方は、、是非とも行ってみてください笑

券売所でチケットを購入し、いそいそと櫓の中へ、、、の前にも

IMG_3621

可愛らしい梅さんがお出迎え。

係りの人から靴袋を受け取りいざ中へ!

IMG_3641

赤絨毯に金屏風。きらっきらです。

IMG_3626

その名も「舞姫」

IMG_3627

その何ふさわしい紅い花が舞っております。

IMG_3628

こんなぐねっとなった木にも花が咲くんです。名前は「根性」

名前には育てた方の想いが詰まっています。

とまぁお城の櫓の中を所狭しと盆梅が飾られています。

まだまだ2月初旬。気温も平年並みとの事なので、花が満開になるのはおそらくあと2週間ほどでしょう。

満開の時期にもう一度行ってみようかと思います。

樹齢120年越えの樹や重さ500キロ以上の大木、、まだまだ隠してるネタはありますので笑

ちょうどその時期には郡山市では面白イベントが併せて開催されていますしね。詳しくはまた後日ということで。

ツウ(通)の楽しみとしては、花が咲ききる前は木(ぼく)のうねりなんかを楽しみます。

それこそまさにWabi-Sabi

大和郡山盆梅展

<開演時間>

9:00-16:00(平日)

9:00-17:00(土日祝)

<料金>

¥450

各種割引あり。詳しくは大和郡山市役所 地域振興課 (0743-53-1151 内線563)まで。

<駐車場>

あり

 

No Comments Yet.

Leave a comment